宅建合格のための学習法
計画を立てよう
試験日(例年10月第3日曜日)までの計画を立ててください。昨年も受験をした人、大学などで法律を勉強した人、営業等の仕事をしていてなかなか勉強時間を確保しにくい人等といったように、勉強の計画には個人差があります。自分に合った計画を立ててください。このためには、次の点に気を付けてください。
[1] 無理な計画は立てないこと
実行できない計画は、はじめから立てない方がいいと思います。勉強をはじめようとする時は、とかく意気込んで、つい無理な計画を立てがちです。最後まで実行できるように、少しおさえ気味の計画内容としてください。なお、初心者の場合には、2年〜3年で合格する計画を立てることがありますが、これは絶対に避けてください。今年1年で合格するという気持ちのない限り、何年たっても合格は困難です。
[2] 8月末日までを1区切りとすること
8月の末日までには、全科目にわたって勉強できる計画をしてください。この8月末日までに35点(50点満点)を超える得点ができる実力が付いていれば、合格できる可能性はかなり高いでしょう。
9月からは、『追い込み』の時期で、暗記しなければならない事項や答案練習を行える計画内容とするのがいいと思います。
 

このページの先頭へ