宅建合格のための学習法
読んでから解く
テキストで分野ごとに学んだ後、関連分野の問題で理解度を確認する。
[1] 科目ごとの感じをつかむ
初心者の場合には、いきなりテキストを読んでも理解できないのが通常です。わからなくても、まず、3回は読んでみてください。
法律用語なども多くてなかなか読みにくく、また、わかりにくい点もあると思います。2回程度読んでみると、『科目ごとの感じ』がつかめることと思いますが、もう1回、くりかえし読んでみると、科目ごとのおおまかな内容がつかめることと思います。
[2] 過去によく出題された項目を重点的に学習する
出題される可能性の高いことろを重点的に学習することが、合格への近道です。『本試験過去10年の出題項目一覧』を見れば、重要なポイントがわかると思います。


過去10年間の「本試験出題項目一覧表」各テキストの各章・各項目のトップを参照
[3] 不動産取引と関連づけて考えてみよう
特に民法は、抽象的な内容なので、なかなかわかりにくい科目です。具体的な不動産取引と関連づけて考えてみると、理解しやすいと思います。
[4] 理解度チェック
テキスト学習では最小限の単元(関連分野)にとどめ、学習範囲内の簡単な問題をすぐに解きます。
テキスト学習(Input)と問題演習(Output)のサイクルが短いほど学習習慣が身に付き、理解度も向上します。
計画を立てよう

このページの先頭へ