宅建合格のための学習法
解いてから読む
関連分野の問題で理解度を試し、解答と解説を読み、テキストの概要ページでも確認する。
[1] 基礎問題でペースをつかむ
自分の実力を客観的に知るために、どうしても必要なことです。わからなかった個所は、テキストで必ず確認することによって確実な力となります。
[2] 模擬問題で速読力をつける
決められた時間で解くようにしてください。解答するスピードには個人差がありますが、自分のぺ一スをつかむことが大切です。なお、本試験は50問を2時間で解くことになるので、かなり速く解答できる練習をしておく必要があります。
また、民法の問題は必ず図式化して解きましょう。A〜F等の対人関係を図式化することで読解力が補完できます。
読んでから解く

このページの先頭へ