宅建試験ガイド
宅地建物取引士の仕事
宅地建物取引士とは、具体的にはいったいどのような仕事をするのでしょうか?
宅地や建物を扱う宅地建物取引業を行うには、都道府県知事又は国土交通大臣から免許を受けることが必要ですが、そのための条件のひとつとして、その事務所等の規模により定められた数の宅地建物取引士を常勤させておくことが必要です。また、宅地や建物の契約を結ぶ際にも、宅地建物取引士は、契約者に大切な契約内容などを説明しなければならないことになっています。

このように「宅地建物取引士」は、不動産取引の専門家(プロ)であり、公に認められた資格者として、不動産の売買、賃貸等の取引について、充分な知識を有していなければならないことは、いうまでもありません。
宅地建物取引士図
宅建コラム〜人気の国家資格「宅建」
不動産業界の方だけでなく、他業種でもニーズが高い「宅建資格」。現職でのスキルアップはもちろん、転職・独立を目指すサラリーマン・OL・主婦から、就職活動を控えた学生の方まで、さらなる飛躍のために注目の資格です。
不動産業界では?
不動産業では、事業所ごとに社員5人に1人の宅建士の常勤が義務づけられています。不動産業界へ転職・独立を希望する方にも必須の資格です!
金融機関銀行では?
融資の担保として不動産を取り扱ったり、最近では様々な不動産金融商品も登場。お客様の資産管理全般の相談に乗るためにも必須の知識です。
一般企業では?
総務部門では、オフィスの賃貸契約や土地売買など土地建物取引の知識が不可欠。現職でのキャリアアップはもちろん。あらゆる業種への転職に有利。
日常生活では?
部屋を借りたり、戸建・マンションの売買をする際に、資格保有を伝えると担当者の対応も変わってくるかも。自分で大切なポイントもチェックできます。
学生の就職活動には?
実務に強い資格として就職にもダントツ有利な資格です。毎年、合格者の約10%は学生が占めています。
 
このページの先頭へ