宅建試験ガイド
宅地建物取引士に必要な知識
宅地建物取引業等の仕事をするうえで、宅地建物取引士はどのような知識を要求されるのでしょうか?具体的にあげてみましょう。
具体的にあげてみますと、主に次のようなことがあります。
  1. 土地の形質、建物の構造についての知識
  2. 民法・借地借家法等の権利関係の法律知識
  3. 建築基準法・国土利用計画法等の法令上の規定の知識
  4. 不動産取得税・固定資産税等の税の知識
  5. 宅地建物取引業法と、不動産に関する幅広い知識
等を学習し、そして、「宅建試験」により、それらの知識を有しているかどうかが問われることになるわけです。

このように、宅地建物取引士は、専門的な知識や経験が充分とはいえない一般消費者が安心して宅地や建物の取引ができるように、また、取引が成立する過程で特に重要な点は、必ず宅地建物取引士が契約等に関する業務を行わなければならないとされているほど、責任の重い役目を負っているのです。
宅地建物取引士の仕事
このページの先頭へ